フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ

  • ★2017年5月14日(土)        逢坂泰精アルバム発売&母の日感謝企画「母なる宇宙を描こう」    新富町 アートカフェ「Slow」                       ★2017年7月15日(土)        「佐野光洋サンセットライブin豊橋」 豊橋「天水」               

Office chirp

  • ナレーター俳優事務所オフィスチャープ

IZUMIKA Official Web Site

  • IZUMIKA Official Web Site
    IAUMIKA Official Web Site
無料ブログはココログ

いいね!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月19日 (土)

がんばろう日本!

震災から一週間がすぎました。。

とても長い一週間に感じました。
皆さんは如何でしたか?

3月15日には山梨でも大きな地震がありました。
次の日、外に出てみると、道路に亀裂が入っていてビックリしましたが、
幸い自宅は何の被害もありませんでした。
たくさんのご心配メールをありがとうございましたm(__)m

計画停電の実施や放射能の恐れによる自宅待機などにより、オフィス街は閑散としていた一週間でした。

電車のダイヤ乱れ・・・
暖房の入らない寒い電車・・
動かないエスカレーター・・
品薄のスーパーやコンビニ・・

たくさんの不便はあるけれど、被災地の方から比べたら、自分はなんて恵まれているのだろう・・・と日々すべてのことに感謝をしながら過ごした一週間。。

こんな状況の中でも、自分さえ良ければ・・・という考えを持った人たちの行動にイライラさせられた一週間でもありましたが・・(-_-;)
普段は解らなかった人の本性を見せつけられるような事もあり・・・
少々、気分も滅入っていますけれど・・・
被災地の社員の勇敢な行動に感動も覚えています。

テレビでは報道されないところでも、福島原発の復旧に向けてたくさんの力が動き始めています。
そんな仕事に携わっていると、日本は大丈夫!って元気がわいてきます。

今、私にできること・・
節電はできる範囲でしているし・・
義援金は送金したし・・・

他に何かないのかな・・と考えていたところに・・・
昨日メールが来ました!
「楽天オークション」から・・・
【がんばろう日本】をキーワードにしたチャリティーオークションの案内でした。

不用品を売って売上金の半分が義援金となるというものです。
早速参加しました!!
皆さんも参加されてみては如何でしょうか?
詳しくはこちらで→ 「がんばろう日本 チャリティーオークション」

小さな力が日本の復興に繋がると信じています。
「がんばろう日本!」

2011年3月12日 (土)

無事に帰宅しました。。

昨日の地震、皆さまの地域は如何でしたでしょうか?
誰もが経験したことのない地震。。
本当に怖かったです。
被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

私は地震のあった時には品川の仕事場にいました。
大きな揺れで、どうして良いのか解らずに・・
思わず外に飛び出てしまいましたが・・
ビルの立て込んでいる地域で、外に出たのは危険だったな・・と後で反省しました。
電車がストップしてしまって、帰宅できず、ホテルもいっぱい・・
最後の頼みのタクシーもとてもひろえず・・
たとえひろえたとしても、道路が車で溢れていて走れないし・・
一度は帰り支度をして外に出たのですが・・
会社に戻り不安な一夜を明かしました。

私鉄の運転再開のニュースをみて、会社を朝4時半に出て、車で新宿まで送って頂き、新宿より京王線で高尾まで行き、そこからタクシーで帰る予定でいましたが・・・
当たり前だけれど・・・
想像以上に人で溢れていて・・簡単に電車には乗れませんでした。
それでも、どうにか調布まで行きつき・・・そこからタクシーに乗ることに。。
とても優しい運転手さんで、快く「山梨」行きを受けて下さり・・
中央高速調布インターを乗って無事に帰宅することができました。
高速に乗ると・・
いつもと変わらず、富士山が雄大な姿でそびえ立ち・・・
悲惨な地震は夢だったのではないか・・と思ってしまうように・・
山梨に向かう景色はいつもと何も変わらず穏やかな風景でした。。

会社で眠れぬ夜を過ごしている時・・
携帯の電波が通じた途端にセンターに溜まっていたメールがいっせいに届きました。。
友人たちからのメール。。
本当に嬉しかったです。
そしてSNSに伝言板やメッセージを下さった皆さま・・・
本当にありがとうございましたm(__)m
とても心強かったですconfident

私は原発にかかわる仕事をしています。
被害の大きい福島地区で働いている社員がたくさんいますが・・
今朝の時点でまだ連絡が取れませんでした。
どうか、みんな無事でありますように・・。
ただただ祈るしかありません。。

皆さまも余震がまだまだある可能性がありますので・・
十分気をつけてお過ごし下さい。。

2011年3月 7日 (月)

「ろうどくの森」遠足~「無言館」へ~

Img_79851

昨日、長野県上田市にある「無言館」へ行ってきました。
講師をさせて頂いている子供たちの朗読教室「ろうどくの森」の遠足です♪

以前日記にも書いたのですが、無言館を建てられた窪島誠一郎さんの著書『約束 「無言館」への坂のぼって』の朗読に教室で取り組んでいて、実際に子供たちに絵をみてもらおうと、今回の遠足が実現しました。
「絵を見たい」・・と言うのは子供たちの希望でもありました。

約束―「無言館」への坂をのぼって Book 約束―「無言館」への坂をのぼって

著者:窪島 誠一郎
販売元:アリス館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

麻布十番の教室に8時集合!
子供たちとご家族、「ろうどくの森」スタッフ、そして講師陣・・
総勢20名でバスを貸し切っての遠足となりました。

予定通り、11時半に「無言館」に到着!
Img_8010

絵を見る前に館内のレストランでランチタイムrestaurant
Img_7969 Img_7977

無言館は第二次世界大戦で亡くなった画学生の慰霊を掲げて作られた美術館で、
美術館「信濃デッサン館」の分館として1997年に開館しました。
最初に「第二展示館」を観て、次に「無言館」へ。。
Img_80001

数点の絵が飾ってあるイメージで訪れた私は、その絵の多さに驚きました。
まだ飾りきれない絵もあり保管されているとのこと・・。

亡くなった場所や享年齢、そして遺族の方のコメントとともに展示されている絵を一つ一つみて歩きました。。
その一つ一つの絵に家族の歴史が刻まれていました。
家族の絵やふるさとの景色を、出征する直前まで描いていたという・・
その時の気持ちを思うと胸が苦しくなりました。
ほとんどが20代~30代・・・19歳という年齢で亡くなった方の絵もありました。
戦争から戻ったら絵の勉強のために留学したいと、夢を描いていた画学生さんもいました。。
戦争に奪われたしまった夢・・。
戦争さえ無かったら・・・と思わずにはいられませんでした。

家族が戦火の中を守り抜いた絵が「無言館」の中で語りかけてきます。
戦争は二度とおこしてはならないと・・
そして命の大切さを・・
家族や恋人・・大切な人との愛の深さを・・。

絵を見た後は子供たちと講師全員で、「約束」の朗読と「ふるさと」の合唱をして、窪島さんに聴いて頂きました。
最年少5歳のすずみちゃんがインフルエンザで来られなかったのは残念だったけど・・
子供たち全員頑張りました!

帰りのバスで子供たちに「無言館」で絵をみた感想を述べてもらうと・・
一生懸命言葉を選びながら、感想を述べてくれました。
戦争は絶対にしてはいけないと思ったこと・・
切ない気持になったこと・・・
絵に添えられた遺族のメッセージもちゃんと読んでいたり、印象深かった絵のタイトルを覚えていた子供たち。。
言葉で上手く表現できなかった子も、きっと色々な思いを感じたことと思います。

戦没画学生の名前が刻まれた慰霊碑「記憶のパレット」
Img_79951   

絵筆がはめ込まれているモニュメントの前で。。。
Img_80141

わたし。。
Img_80041_2

diamond5月26日(木)より6月14日(火)まで・・
「無言館」の絵が横浜赤レンガ倉庫で展示されます。。
期間中の一日・・・「ろうどくの森」の子供たちが「約束」の朗読をさせて頂く予定です。
1 21

noteいつも応援ありがとうございます。。
本日も・・・ポチっと応援よろしくお願いしますhappy01
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »