フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お知らせ

  • ★2018年11月3日(土)        「佐野光洋サンセットライブin豊橋」      ライブハウス天水

IZUMIKA Official Web Site

  • IZUMIKA Official Web Site
    IAUMIKA Official Web Site
無料ブログはココログ

いいね!

« 「やってらんね~」 | トップページ | 無事に帰宅しました。。 »

2011年3月 7日 (月)

「ろうどくの森」遠足~「無言館」へ~

Img_79851

昨日、長野県上田市にある「無言館」へ行ってきました。
講師をさせて頂いている子供たちの朗読教室「ろうどくの森」の遠足です♪

以前日記にも書いたのですが、無言館を建てられた窪島誠一郎さんの著書『約束 「無言館」への坂のぼって』の朗読に教室で取り組んでいて、実際に子供たちに絵をみてもらおうと、今回の遠足が実現しました。
「絵を見たい」・・と言うのは子供たちの希望でもありました。

約束―「無言館」への坂をのぼって Book 約束―「無言館」への坂をのぼって

著者:窪島 誠一郎
販売元:アリス館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

麻布十番の教室に8時集合!
子供たちとご家族、「ろうどくの森」スタッフ、そして講師陣・・
総勢20名でバスを貸し切っての遠足となりました。

予定通り、11時半に「無言館」に到着!
Img_8010

絵を見る前に館内のレストランでランチタイムrestaurant
Img_7969 Img_7977

無言館は第二次世界大戦で亡くなった画学生の慰霊を掲げて作られた美術館で、
美術館「信濃デッサン館」の分館として1997年に開館しました。
最初に「第二展示館」を観て、次に「無言館」へ。。
Img_80001

数点の絵が飾ってあるイメージで訪れた私は、その絵の多さに驚きました。
まだ飾りきれない絵もあり保管されているとのこと・・。

亡くなった場所や享年齢、そして遺族の方のコメントとともに展示されている絵を一つ一つみて歩きました。。
その一つ一つの絵に家族の歴史が刻まれていました。
家族の絵やふるさとの景色を、出征する直前まで描いていたという・・
その時の気持ちを思うと胸が苦しくなりました。
ほとんどが20代~30代・・・19歳という年齢で亡くなった方の絵もありました。
戦争から戻ったら絵の勉強のために留学したいと、夢を描いていた画学生さんもいました。。
戦争に奪われたしまった夢・・。
戦争さえ無かったら・・・と思わずにはいられませんでした。

家族が戦火の中を守り抜いた絵が「無言館」の中で語りかけてきます。
戦争は二度とおこしてはならないと・・
そして命の大切さを・・
家族や恋人・・大切な人との愛の深さを・・。

絵を見た後は子供たちと講師全員で、「約束」の朗読と「ふるさと」の合唱をして、窪島さんに聴いて頂きました。
最年少5歳のすずみちゃんがインフルエンザで来られなかったのは残念だったけど・・
子供たち全員頑張りました!

帰りのバスで子供たちに「無言館」で絵をみた感想を述べてもらうと・・
一生懸命言葉を選びながら、感想を述べてくれました。
戦争は絶対にしてはいけないと思ったこと・・
切ない気持になったこと・・・
絵に添えられた遺族のメッセージもちゃんと読んでいたり、印象深かった絵のタイトルを覚えていた子供たち。。
言葉で上手く表現できなかった子も、きっと色々な思いを感じたことと思います。

戦没画学生の名前が刻まれた慰霊碑「記憶のパレット」
Img_79951   

絵筆がはめ込まれているモニュメントの前で。。。
Img_80141

わたし。。
Img_80041_2

diamond5月26日(木)より6月14日(火)まで・・
「無言館」の絵が横浜赤レンガ倉庫で展示されます。。
期間中の一日・・・「ろうどくの森」の子供たちが「約束」の朗読をさせて頂く予定です。
1 21

noteいつも応援ありがとうございます。。
本日も・・・ポチっと応援よろしくお願いしますhappy01
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ

« 「やってらんね~」 | トップページ | 無事に帰宅しました。。 »

コメント

とっても詳しくレポートしてくださって、ありがとうございます。
わたしの方は 昨夜眠い頭でぼんやり・・・でしたよ(笑)

こどもも大人も良い体験できましたね!o(*^▽^*)o

こんばんは。

家を建て替えたときに疎開先で子供たちが描いたと思われるわら半紙に鉛筆書きの絵がたくさん出てきました。伯母が疎開先で代用教諭をしていたときのものらしかったのですが、疎開先のお寺や戦闘機の絵や勅語のような文が書かれたものがありました。親元から離されて集団生活を強いられた子供たちなのに弱音が感じられない絵に目が潤んだのを思い出しました。

両親も戦争を知らない世代の子供たちは、戦争で亡くなった人たちの絵を見てどんな風に思ったのでしょうね。

戦争体験の話は戦争を生き抜いた人からしか聞けないけど、無言の絵から教えられることも多いのでしょうね。長野へ遠征のときに行けたら行ってみたいと思いました。

そういう若者たちが居たのですね。
こういう施設があることは知りませんでした。
靖国神社には何回か行きましたが、特攻隊の若者の手紙が多く残されています。
判で押したように、「お国のため」「天皇に見守られて死ねる幸せ」が書かれています。
当時の情報操作の凄さを見るようでした。
絵が残せた若者はせめてもそのことが救いだったかもしれませんね。
一度、行ってみたいです。
赤レンガ、朗読の日が決まったら教えてくださいね。

「無言館」の絵を実際に見て、
きっと子供さんたちはいろいろなことを感じ取ったでしょうね。
楽しみな朗読会になると思います。

「約束」の朗読ぜひ聞きに行きたいです。
何も予定が入りませんように・・・


作者がどんな思いで描かれたのかを知るには作者の
居場所に行くのが一番ですね。

子どもさん方も良い思い出なねり、読まれる自信にも繋がりますね。


「絵筆がはめ込まれているモニュメントので。。。」
 初めて知りました。お洒落です。

■必ず美味しそうな写真を載せますね?(>_<)
 この時間 ちょうど空腹感が。。。

こんな子供達がまだいるんですね

朗読の影響で此処を知って見たくなったのでしょうね

この子供達の感想は如何でしたか

表情に変化は見られました・・・良い勉強の成りましたね

「無言」には縁遠い虎ですが・・・・無言館には二回行きました。
どんな思いであの絵を、あの手紙を書いたのか・・・・

平和の尊さを痛切に感じました。 (-_-;)

mikaさん
楽しそう。

お疲れ様。

赤レンガ倉庫での朗読会、楽しみにしています。

なるほどいい場所選びましたね。長野にこんな場所があるとは知りませんでした。朗読から始まり、それを読んだ子供たちが実際にそこへ行きたいということからこの場所を目的地に選び、最後は作者の方にお礼を朗読で返す、ヽ(´▽`)/すばらしい一日でしたね。

子供達の心には、きっと平和の尊さが刻み込まれた事と思います。
mikaさんは、朗読を通して素晴らしい平和教育をされていますね。


私も、できたころ行ったことがあります。

無言館での朗読・・・意味が深いですね。

上田に「無言館」…。
こんな美術館知らないと思って調べたら、出来て14年なんですね。
戦争中だって絵画を学ぶ人は居たのですから、
そういう人たちの作品を展示する場所だって有って良いです。
それを知り観に行きたいと言う子供たちに感動です。

赤レンガ行きますよ

是非とも知らせてください

無言館のことは以前マイフレさんの日記で知りました。みんなが見学するべきところのように感じました。
子ども達の心の中に平和の大切さが深く深く刻まれたことでしょうね。

絵を見たら胸が詰まるかも知れないね・・・

子供たちの吸収の早いこと・・・きっとずっと忘れないでしょうね!

赤レンガいけるかな?・・・

pencilakikoさま
お疲れさまでした!

当日にアップしてしまうakikoさん凄いですshine
私はもう寝るので精一杯でした^^;

本当に・・・
御蔭様でとても良い体験させて頂きましたhappy01

pencilgramさん
こんばんは(*^_^*)

戦争中の厳しい環境の中で絵を描くと言う事自体凄いことだな・・と思います。
紙がなくて捨ててあったような紙を拾って描いていたようです。
疎開先の子供たちが書いた絵も貴重なものですよね。

戦争体験を語れる人は確実にいなくなっていきますよね。
だからこそ、「無言館」のような場所が必要なんだなぁ・・と思いました。
是非、長野の遠征の帰りに寄ってみてください。。

pencil六さん
こんばんは(^o^)

本を読んだだけでは伝わらない、「戦争」の悲惨さ・・。
子供たちは絵を通して確実に何かを感じとったように思いました。
今後の朗読の自信に繋がると思います。

このブログ・・食べ物写真が恒例になってますよねdelicious
食いしん坊なもので・・すみません^^;

pencilろくりんさん
こんばんは(*^。^*)

子供たちと一緒に「無言館」を訪れることができて本当に良かったな・・と思っています。
無言館を訪れて得た気持ちを大切にして、これからの授業にいかしていけたら良いと思っています。。

如何なる理由があろうと戦争は絶対にしてはなりません。国のため、天皇陛下のためとは言え、何か良い事はあったでしょうか?戦争の恐ろしさと平和の尊さを後世に伝えなければいけません。

pencilルンルンさん
こんにちは(^-^)/

戦争を体験した方もだんだん亡くなってしまって…
戦争体験を聞くことも難しくなってます。
私達が子供たちに伝えられること、こつこつと続けていかなければと思っています。

楽しかったねー!!!
次は赤レンガに博品館。
頑張りましょー!!!

健康診断は無事終わったかな??

pencilnaoちゃん
こんばんは~happy01

遠足、また行きたいね♪
これからが本番!
頑張ろうね(^O^)/

お陰さまで・・・
健康診断も無事終わったよ~。。
一時はどうなることかと思ったけど(笑)
胃の検査も大丈夫でしたgood

mikaさんはアグレッシブで行動的で!^^
羨ましいですね!v(^_^)v

pen記憶のパレット、とても印象的なオブジェですね。この地に足を運びたくなりました。

子ども達に接する機会が最近は、自分も多いですが、
それぞれ特徴があって、面白いものですね。

pencilカイトさん
こんばんは(^○^)

戦没者の方の名前が刻まれた記憶のパレットの前に立つと、なんとも言えない気持ちになりました。
機会があったら是非訪れてみて下さい。。

カイトさんも子供たちに接する機会が多いのですね。
子供から教わることも多く、一緒に成長させてもらっている感じです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171625/39139290

この記事へのトラックバック一覧です: 「ろうどくの森」遠足~「無言館」へ~:

« 「やってらんね~」 | トップページ | 無事に帰宅しました。。 »