フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お知らせ

  • ★2017年7月15日(土)        「佐野光洋サンセットライブin豊橋」 豊橋「天水」                  ★2017年9月9日(土)         絵本「3粒のぶどう家族」完成朗読会  新富町 アートカフェ「Slow」            ★2017年10月14日(土)       絵本「3粒のぶどう家族」完成朗読会 つくば市民ギャラリー

Office chirp

  • ナレーター俳優事務所オフィスチャープ

IZUMIKA Official Web Site

  • IZUMIKA Official Web Site
    IAUMIKA Official Web Site
無料ブログはココログ

いいね!

2007年1月15日 (月)

小川未明童話集「野ばら」(完)

 

冬は、やはりその国にもあったのです。
寒くなると老人は、南の方を恋しがりました。
その方には、せがれや、孫が住んでいました。
「早く、暇をもっらて帰りたいものだ」
と、老人はいいました。
「あなたがお帰りになれば、知らぬ人がかわりにくるでしょう。
やはりしんせつな、やさしい人ならいいが、
敵、味方というような考えをもった人だと困ります。
どうか、もうしばらくいてください。そのうちには、春がきます」
と、青年はいいました。

「小川未明童話集」(新潮文庫)小川未明著

Shu3_2

音楽は秋山裕和さんよりお借りしています

日記はこちらから http://plaza.rakuten.co.jp/choujumura/

2007年1月14日 (日)

小川未明童話集「野ばら」①

大きな国と、それよりはすこし小さな国とが隣合っていました。
当座、その二つの国の間には、なにごとも起こらず平和でありました。

ここは都から遠い、国境であります。
そこには両方の国から、ただ一人ずつの兵隊が派遣されて、
国境を定めた石碑を守っていました。
大きな国の兵士は老人でありました。
そうして、小さな国の兵士は青年でありました。

「小川未明童話集」(新潮文庫)小川未明著

Shu3_2

音楽は秋山裕和さんよりお借りしています

日記はこちらから http://plaza.rakuten.co.jp/choujumura/ 

2007年1月13日 (土)

小川未明童話集「赤いろうそくと人魚」(完)

ほんとうに穏やかな晩のことです。
おじいさんとおばあさんは、戸を閉めて、寝てしまいました。
真夜中ごろでありました。
トン、トン、と、だれか戸をたたくものがありました。
年寄りのものですから耳さとく、その音を聞きつけて、
だれだろうと思いました。
「どなた?」とおばあさんはいいました。
けれどもそれには答えがなく、つづけて、トン、トン、と戸をたたきました。

「小川未明童話集」(新潮文庫)小川未明著

Shu3_2

音楽は秋山裕和さんよりお借りしています

日記はこちらから http://plaza.rakuten.co.jp/choujumura/

2007年1月12日 (金)

小川未明童話集「赤いろうそくと人魚」④

あるとき、南の方の国から、香具師(やし=縁日や祭りなど人出の多いところで、見せ物などを興行する人や、品物を売る人。)が入ってきました。
なにか北の国へいって、珍しいものを探して、金をもうけようというのであります。
香具師は、どこから聞き込んできたものか、
または、いつ娘の姿を見て、ほんとうの人間ではない、
じつに世に珍しい人魚であることを見抜いたものか、
ある日のこと、こっそりと年寄り夫婦のところへやってきて、
娘にはわからないように、大金を出すから、
その人魚を売ってはくれないかと申したのであります。

「小川未明童話集」(新潮文庫)小川未明著

Shu3_2

音楽は秋山裕和さんよりお借りしています

日記はこちらから http://plaza.rakuten.co.jp/choujumura/ 

2007年1月10日 (水)

小川未明童話集「赤いろうそくと人魚」③

娘は大きくなりましたけれど、姿が変わっているので
恥ずかしがって顔を外へ出しませんでした。
けれど、一目その娘を見た人は、
みんなびっくりするような美しい器量でありましたから、
中にはどうかしてその娘を見たいと思って、
ろうそくを買いにきたものもありました。
おじいさんや、おばあさんは、
「うちの娘は、内気で恥ずかしがりやだから、
人さまの前には出ないのです。」といっていました。

「小川未明童話集」(新潮文庫)小川未明著

Shu3_2

音楽は秋山裕和さんよりお借りしています

日記はこちらから http://plaza.rakuten.co.jp/choujumura/

2007年1月 7日 (日)

小川未明童話集「赤いろうそくと人魚」②

海岸に、小さな町がありました。
町には、いろいろな店がありましたが、お宮のある山の下に、
貧しげなろうそくをあきなっている店がありました。
その家には、年よりの夫婦が住んでいました。
おじいさんがろうそくを造って、おばあさんが店で売っていたのであります。
この町の人や、また付近の漁師がお宮へおまいりをするときに、
この店に立ち寄って、ろうそくを買って山へ上りました。

「小川未明童話集」(新潮文庫)小川未明著

Shu3_2

音楽は秋山裕和さんよりお借りしています

日記はこちらから http://plaza.rakuten.co.jp/choujumura/

2007年1月 6日 (土)

小川未明童話集「赤いろうそくと人魚」①

人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。
北の海にも棲んでいたのであります。
北方の海に色は、青うございました。
あるとき、岩の上に、女の人魚があがって、
あたりの景色をながめながら休んでいました。
雲間からもれた月の光がさびしく、波の上を照らしていました。
どちらをみても限りない、ものすごい波が、うねうねと動いているのであります。
なんというさびしい景色だろうと、人魚は思いました。
「小川未明童話集」(新潮文庫)小川未明著

Shu3_2

音楽は秋山裕和さんよりお借りしています

日記はこちらから http://plaza.rakuten.co.jp/choujumura/