フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お知らせ

  • ★2017年7月15日(土)        「佐野光洋サンセットライブin豊橋」 豊橋「天水」                  ★2017年9月9日(土)         絵本「3粒のぶどう家族」完成朗読会  新富町 アートカフェ「Slow」            ★2017年10月14日(土)       絵本「3粒のぶどう家族」完成朗読会 つくば市民ギャラリー

Office chirp

  • ナレーター俳優事務所オフィスチャープ

IZUMIKA Official Web Site

  • IZUMIKA Official Web Site
    IAUMIKA Official Web Site
無料ブログはココログ

いいね!

2009年5月 7日 (木)

岩手旅日記④~遠野・・民話のふるさとを訪ねる~

5月3日(日) 天気 晴れsunのち曇りcloud

岩手の旅最終日。。  

今年「日本民話の会」に入会した私は、いつか民話のふるさと遠野で語りを聞きたいな・・・と思っていましたが、今回の岩手の旅で早速実現することができました。
今回の旅は北上在住の叔母の知人ご夫妻が、母を亡くした私に、岩手の空気を吸って元気になってもらいたいと招待して下さったもので、私の行きたいところをすべて回って頂いた、わがまま旅行でした。
ご夫妻の暖かさに触れられたことが、今回の私の旅の一番の思い出になりました。

まず、はじめに・・「とおの昔ばなし村語り部館」で菊池玉さんの語りを聞きました。
200943054_0231 200943054_0151
120あると言われている遠野の民話のなかから「オシラサマ」と「河童淵」を語って下さいました。
「昔あったずもな・・」で語り始める遠野の民話・・想像していたよりも力強い感じの語り口でした。
ベテランの語り部さんの語りを聞いてすます民話の世界に興味を持った私・・。
「遠野むかしばなし」の本を買い込んでしまいましたcoldsweats01

「とおの昔話村」・・「遠野物語」が生まれた背景や著者 柳田國男が宿泊した旅篭屋を見学することができます。
200943054_0651_2 200943054_0701

「伝承園」                千体のオシラサマが納められたオシラ堂
200943054_1391 200943054_1331

遠野物語「河童淵」の話の舞台・・・常堅寺へ。。
200943054_1571 200943054_2001

境内には「河童狛犬」が・・・
200943054_1641_2 200943054_1651

常堅寺の裏手を流れる河童がいるという小川・・「カッパ淵」へ。。
200943054_1821_2 200943054_1771
200943054_1841 200943054_1861

遠野風景あれこれ。。日本の原風景に出逢える遠野・・やはり心が落ち着きます。。
200943054_2261 200943054_2531 200943054_2031_2 200943054_2421
200943054_0051 200943054_0031 200943054_2051 200943054_1001

偶然、遠野のお祭り「南部氏遠野入部行列」に遭遇。。(馬に乗っているのは市長さん)
200943054_0381 200943054_0341 200943054_0461 200943054_0511

北上川の夕暮れ・・・
200943054_2681_2
私の岩手旅日記はこれでおしまいです。
最後までお付き合い下さった皆さま・・
ありがとうございました。。

2009年5月 6日 (水)

岩手旅日記③~花巻・・賢治に触れた一日~

5月2日(土) 天気 晴れsun
岩手の旅三日目。。

いよいよ旅の一番のお楽しみ。。
宮沢賢治の作品が生まれた花巻に立ちました。

「宮沢賢治記念館」          「よだかの星」の彫刻碑の前で。。
200943054_0061 200943054_0092
賢治の足跡を見ることができる記念館は、賢治の直筆原稿や生い立ちを見るだけではなく、賢治の作品が生まれた環境や、賢治の勉強した地学や農学、化学に触れる事ができて、賢治作品の理解にとても役立ちました。

賢治愛用のセロや妹トシのバイオリンの展示、賢治が作詞・作曲した「星めぐりの歌」などを視聴することもできて、賢治の音楽の世界にも浸ることができます。
賢治の才能をあらためて認識し、賢治の作品の奥深さを実感しました。

記念館から花巻市が一望できます。「銀河大橋」と「北上川」
200943054_0221

「宮沢賢治イーハトーブ館」
200943054_0491 200943054_0521_3

「宮沢賢治童話村」
200943054_1501_2 200943054_0571 200943054_0751
200943054_0791200943054_0801200943054_0591200943054_1461

「羅須地人協会」・・花巻農学校を退職して賢治は羅須地人協会をひらき、農民教育に熱を注ぎました。(現在は、花巻農業高校の敷地内に移築されています。この日は学校がお休みのため、残念ながら建物の中は見ることができませんでした。)
200943054_1591 200943054_1671 200943054_1691
賢治が農民にエスペラント語の指導をしたり、音楽会をひらいたという教室・・。
窓の外から覗いて、当時の賢治の様子を思い描いてみました。
200943054_1721 200943054_1781

羅須地人協会入口。。
賢治は黒板に伝言を書いていたそうです。「下ノ畑ニ居リマス」は有名ですね。。200943054_1761
200943054_1831_2

「イギリス海岸」・・賢治のお気に入りの場所。。
水位が下がった時に現れる白い岩肌がイギリスのドーバー海峡のようだと「イギリス海岸」と命名。近年では水位が下がることはほとんどないそうですが、賢治のお気に入りの場所に立ち穏やかな水の流れを見ているとなんとも言えない気持ちになりました。
200943054_2181_2200943054_2011 200943054_1931 

2009年5月 5日 (火)

岩手旅日記②~一関・平泉~

5月1日(金)  天気 晴れsun
岩手の旅二日目。。

5時に起きて朝陽を浴びながら露天風呂へ。。
星空を見ながら入った夜の露天風呂も最高でしたが・・・
残雪の岩手山を眺めながら入る露天風呂も最高に気持ち良かったです。
命の洗濯ができましたshine
200943054_1341

さて、この日は、今回の旅の目的の一つでもある樹木葬のお墓を見るために一関へ。。
一関には「花に生まれ変わる仏たち・・」をコンセプトにした日本初の樹木葬墓地があります。
独り者の叔母が終の棲家として選んだ場所です。
墓石の変わりに好きな樹木を植え、そこに眠ります。

お墓のイメージはまったくなく、森林浴にでも来た感じです。。
カエルとうぐいすの鳴き声が響き渡っていました。。
200943054_1981

おたまじゃくしを久しぶりに見ました。。  サギがお出迎え。。
200943054_1791 200943054_1841_2  

供物は置いていかれないので切花の仏花などはありません・・。あるのは自然の花だけです。。
200943054_2361 200943054_1931 200943054_1951
自然にかえり、花に生まれ変わる・・・それは人間の理想的な最期なのではないかな・・・と思いました。

お墓を見たあとは、「空飛ぶだんご」で有名な厳美渓へ。。
200943054_2811

「厳美名物 郭公(かっこう)だんご」・・・お団子の入った竹篭がロープを伝って休憩所のお客さんに届きます。。
休憩所からお団子屋さんを撮った写真・お団子屋さんから休憩所を撮った写真
200943054_2711  200943054_2891

空になった篭を引き上げる作業が大変そう・・私も特別参加で挑戦させて頂きました。
200943054_2951_2  200943054_3971_2

平泉 毛越寺(もうつうじ)へ。。
芭蕉句碑・・この地を訪れた芭蕉が義経を偲び詠んだ句「夏草や兵どもが夢の跡」。。
200943054_3201 200943054_3131 200943054_3741

中尊寺。。
200943054_3961 200943054_3941 200943054_3841

2009年5月 4日 (月)

岩手旅日記①~雫石・・鶯宿温泉~

4/30~5/4まで岩手県を旅してきました。。
宮沢賢治の故郷・花巻、民話のふるさと・遠野を訪れる・・・私の好きなもの巡りの旅。。
最高のお天気に恵まれて、行きたいと思ったところをすべて訪れることができ、大満足の旅でした。


4月30日(木) 天気 晴れsun

東京駅から東北新幹線はやてに乗り、北上で下車し、一足先に岩手入りしていた叔母と北上在住の叔母の知人と待ち合わせ。。
北上から東北自動車道を走り、雫石へ。。
高速から眺める残雪の山々、木々の芽吹き、そして、桜・・・
これらのコントラストが美しく・・・初日からすでにテンション高めの私でしたhappy01

この日は早めにホテル入りして、温泉三昧。。
宿泊したのは「ホテル森の風 鶯宿」

ホテルの入口で風の又三郎がお出迎え。。
200943054_1581_2

ホテルに入ると、結城美栄子さんが陶人形で表現した宮沢賢治の童話の世界が・・・
     「風の又三郎」                        「猫の事務所」
200943054_0331 200943054_0441 200943054_0461
      「銀河鉄道の夜」             「注文の多い料理店」 
200943054_0601 200943054_0391

こちらは、はせがわいさおさんの階段ギャラリー。。
ホテルの階段の手すり部分の小さな空間が賢治の世界に・・・
      「銀河鉄道の夜」            「注文の多い料理店」
200943054_1251_3 200943054_1201

ホテルのいたる所で賢治の世界に触れられて感激でしたが・・
もっとも賢治を感じることができたのは、空中露天風呂!
満天の星空と月の下で入る露天風呂はまるで銀河鉄道の世界。。
岩手の空気を吸いながら北斗七星の真下でお風呂に浸かっているとジョバンニやカムパネルラの声が聞こえてきそうでした。。
かなり長い時間・・・星空を眺めてボーっとしていましたcoldsweats01

食いしん坊画像
200943054_0751 200943054_0831 200943054_0791 200943054_0851 200943054_0811 200943054_0881 
「岩手県産黒毛和牛の陶板焼き」や「へっちょこ団子鍋」など・・・
とても美味しく頂きました。。

雄大な山並みに沈む夕陽・・・一日に感謝。。
200943054_0631