フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ

  • ★2017年11月26日(日)        『広瀬香美音楽学校LIVE 2107秋』     イタリア文化会館アニェッリホール             ★2017年12月9日(土)         「IZUMIKA & M2」             沼袋オルガンジャズ倶楽部           ★2018年6月18日(土)           「にじいろコンサート」           東海村産業情報プラザ           

Office chirp

  • ナレーター俳優事務所オフィスチャープ

IZUMIKA Official Web Site

  • IZUMIKA Official Web Site
    IAUMIKA Official Web Site
無料ブログはココログ

いいね!

2012年3月31日 (土)

韓国旅行記③~慶州・釜山 市場巡り~

~3月28日(水) 天気sun

子供たちはホテル近くの遊園地へ行き、私は主人とタクシーで慶州散策へ。。

慶州駅で降ろしてもらい、駅周辺を歩いてみました。
Img_02561 Img_02531

駅前の道路を渡ると城東(ソンドン)市場があります。。
市場では仕込みの始まったところで、惣菜を作ったり、魚をさばいたりしている姿がみられました。
肉、野菜、魚、惣菜などの食料品、衣類などのお店がたくさん!
プライスがついていないうえ、日本語がまったく通じないので、値段を尋ねるだけでも一苦労でした(・。・;
Img_02221 Img_02191 Img_02441 Img_02461
Img_02181 Img_02651 Img_02201_7
Img_02761 Img_02361 Img_02411

「これは何ですか?」・・とお店の人に聞きたかったけれど、言葉が通じないので聞けませんでした(-_-;)
Img_02421 Img_02431

歩道にもお店が並んでいます。。
Img_02321 Img_02251 Img_02281

お昼に遊園地(慶州ワールドアミューズメント)で子供たちと合流。。 
Img_02821

昼食は手巻き寿司。。
日本の太巻きの半分くらいの厚さに切られていました。(1人前2,000ウォン≒180円)
Img_02881 Img_02841 Img_02851

昼食後、慶州を後にして釜山へ向かい、LOTTEの免税店でお買いもの♪
かたつむり化粧品を購入(^O^)
Img_03001

釜山タワーへ。。            
Img_03061 Img_03211

チェ・ジウと一緒に♪
Img_03021 Img_03151

国際市場
Img_03281 Img_03391 Img_03231
Img_03351 Img_03331 Img_03501

釜山港に面したジャカルチ市場。。
Img_03821 Img_03561 Img_03571Img_03591 Img_03711 Img_03691

市場にある食堂で夕食。。
海鮮鍋とお刺身を頂きましたdelicious
Img_03881 Img_03921 Img_03941

釜山観光ホテルにチェックインした後、エステへshine
韓国あかすり・よもぎ蒸し・岩盤浴・人参パックの基本コースで80,000ウォン≒6,300円
初体験のよもぎ蒸しは熱くてどうなることかと・・・ちょっとビックリでした(^_^;)
Img_04001 Img_03991

~3月29日(木) 天気sun
韓国最終日。。
お土産屋さんに寄ったあと、釜山空港へ。
ガイドの具さんと記念撮影してお別れしました。
またいつか逢えるといいな。。
Img_04061 Img_04111

朗読を通して貴重な体験をさせて頂いた韓国の旅。。
朗読をやっていて良かったな・・と思いましたconfident

韓国旅行記はこれでお終いです。。
最後までお読み頂き、ありがとうございました!

noteいつも応援ありがとうございます。。
本日も・・・ポチっと応援よろしくお願い致しますhappy01
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ

2012年3月30日 (金)

韓国旅行記②~ナザレ園で朗読!~

~3月27日(火) 天気sun
にわとりの鳴き声で目が覚めた韓国旅行二日目。。

民宿の外観です。
Img_00701 Img_00431 Img_00391

朝食前に、村全体を見降ろすために山登り。
韓国の山はほとんどが松の木だそうです。
子供たちは元気にどんどん登っていきますが・・・運動不足の私にはかなりきつかったですcoldsweats02
Img_00491 Img_00611

村全体を見降ろす。。
この村は「孫」さんと「李」の村で、孫さんの宗家も保存されています。
風水的にとても良い地形だそう・・。
Img_00571 Img_00541

村の様子。。
瓦の屋根は武士、茅葺屋根は庶民の家。
Img_00331 Img_00361_2 Img_00341 Img_00371 Img_00381 Img_00771

民宿のご主人と。。
Img_00761 Img_00751

宿を後にして、今回の旅の目的、ナザレ園へ。。
(ナザレ園については旅の前に書いたブログをご覧ください。)
Img_00781 Img_01221

朗読の前に、ナザレ園についてのVTR「上坂冬子 慶州ナザレ園レポート」を観て、ナザレ園がどういうところか、子供たちもお勉強。。
戦争の動乱で、子供と離ればなれになり、子供を残しては日本に帰れないと、韓国に住み続けた女性がたくさんいたことを知り、胸が熱くなりました。
Img_00811

園にいるお年寄りは耳の遠い方が多く、また認知症の方もいらっしゃると、園長さんからのお話もあり、朗読をちゃんと聞いて頂けるのかな・・と不安になりました。
子供たちには再度、「とにかく大きな声でゆっくりと!」と念を押して、会場へ。。

会場に着くと、園のお年寄りが暖かい目で迎えて下さいました。
会場が思っていたより細長かったので、急遽一列に並んで、朗読開始!
Img_00821

始まる前はどうなることかと心配しましたが、お年寄りの反応がとても良く、面白いお話のところでは大笑いして下さるほど。。
子供たちも練習の成果を十分に発揮して、朗読会は大成功でした!
日本の歌も3番まで覚えているほどで、準備していった歌の他にもたくさん披露して下さり、とても盛り上がりました。
終わったあとの自己紹介で、「千葉から来ました○○です。」と言うと、日本の地名にお年寄りは懐かしそうにしていました。
埼玉で生まれた・・と言うおばあちゃまもいらして、埼玉の話しで盛り上がったりもしました。
園のお年寄りは日本語を聞きとることはできても、話すことは忘れてしまっている方もいらっしゃいましたが、子供たちと触れ合って、とても嬉しそうでした。
Img_01211 Img_00971

94歳のおばあちゃまと握手。。
「幸せなら手をたたこう」の替え歌を歌って下さった元気なおばあちゃま。。
「幸せなら笑いましょう」「幸せならこんにちは」・・など・・どんどん歌詞が増えて行くそうです。
朗読の内容もちゃんと覚えていて・・・ビックリしてしまいました。
Img_01181

ナザレ園のおばあちゃま達・・・
「日本に帰れない」・・ということで暗いイメージがあったのですが、お逢いしてみると、皆さんとても明るかったです。

園の前で・・園長さんと記念撮影をしてお別れしました。
名残惜しかったですweep
Img_01231

restaurant昼食は「東洋会館」にて石焼きビビンバ
Img_01261 Img_01251

昼食の後は慶州観光。。
世界遺産石窟庵
Img_01361 Img_01321
Img_01401 Img_01531

世界遺産仏国寺。。
Img_01611 Img_01621
Img_01661 Img_01741

撫でるとお金持ちになれる・・と言う金の豚shine
Img_01861

この日の宿泊は「慶州コンコードホテル」。。
部屋から普門湖が眺められる、落ち着いた雰囲気のホテルでした。
Img_02021_2 Img_02121

restaurant夕食はカルビ。。(韓国ではカルビ・・と言えば、骨付きカルビだそうです)
マッコリも頂きました~delicious
Img_02101 Img_02091

~つづく~

noteいつも応援ありがとうございます。。
本日も・・・ポチっと応援よろしくお願い致しますhappy01
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ

韓国旅行記①~慶州 良洞村~

3月26日~29日 講師をさせて頂いている子供たちの朗読教室「ろうどくの森」のボランティア旅行に行ってきました!
慶州ナザレ園で暮らすお年寄りに朗読を聴いて頂くのが目的です。

~3月26日(月) 天気sun

成田より2時間15分。。釜山国際空港に到着!
空港より観光バス「ろうどくの森」号に乗って良洞村へ。。
50人乗りバスに15人・・・ゆったりの旅となりました♪
バスの中では、ナザレ園で聴いて頂く歌の練習をしながら移動しました。
Img_01271 Img_01281

バスで走ること1時間半。。良洞民族村(ヤンドンミンソクマウル) に到着。。
2010年、世界遺産に登録された良洞民族村は、今から500年以上前の家屋が今もほぼそのままの状態で保存されていて、現在も人々が生活をしています。

着いた時にはもう夕暮れでした。
Img_00171

宿泊は良洞草原民宿。。
Img_00291

restaurant夕食
蓮の葉で包んだご飯。。
お味噌汁は根のついたままのセリが入っていて、独特な香りが・・。
Img_00211 Img_00231

キムチ・ナムル・佃煮などたくさんのおかず・・。おかずはお変わり自由♪
本場のキムチ、美味しかったですdelicious
Img_00201

夕食後、朗読の練習。。
旅の疲れのせいか、集中力の途切れる子供たち・・。
本番大丈夫かな・・・と心配になる(・_・;)

お風呂なし、トイレは外・・と言う、現代の生活からはかけ離れた環境で一日目の夜を過ごすことになりました。
隙間風の入るような作りの家屋なのに、暖房もありません。
布団はオンドルと呼ばれる床暖房の熱が伝わるように薄い敷物が1枚敷いてあるだけ・・。これで、寝られるのだろうかと思いましたが、だんだんポカポカと暖かくなってきてホッとしました。が・・お尻が痛かった~><
部屋にはテレビも無く、もちろんパソコンも無いので、10時前には布団に入って寝てしまいましたconfident

~つづく~

noteいつも応援ありがとうございます。。
本日も・・・ポチっと応援よろしくお願い致しますhappy01
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ